4月7日に阪神競馬場の芝マイルで開催される阪神牝馬Sには、現役牝馬の中でもトップクラスの実力を持つ馬が出走予定です。中でも注目されているのは怪物フランケルの産駒で阪神ジュベナイルフィリーズとオークスを制しているソウルスターリング。オークス以降勝利はありませんが前走のジャパンカップでは牡馬たち相手に7着に入っています。怪物牝馬と呼ばれていた馬なので、牝馬限定戦のここでは負けてはいられません。

他にもワールド競馬が注目するのは、牝馬クラシック皆勤賞のリスグラシューです。善戦マンとして有名でしたが今年に入り東京新聞杯では強い牡馬相手に勝ち切っています。武豊騎手が鞍上ですしソウルスターリングに勝つ可能性も秘めています。

他には前走の京都牝馬Sで見事勝利したミスパンテールも怖く、この馬は昨年秋から条件戦とG3を2勝の合計3連勝をしていて、今注目されている上り馬です。また昨年のヴィクトリアマイルを制しているアドマイヤリードも阪神牝馬Sを予定しており、久しぶりの勝利の美酒に酔いしれたいところです。

これらの馬の他にも重賞勝ちのあるラビットランや小倉大賞典で前走15番人気ながら2着に入ったクインズミラーグロなども脅威となります。