ワールド競馬待望、1月14日に中山競馬場で開催される京成杯。
2010年には後にダービーを制したエイシンフラッシュが勝利しており、今年も後々活躍する馬が出走すると楽しみなレースとなるでしょう。

上位人気が予想される馬の中にはアイビーSで勝利し、東京2歳Sでは6着に敗れたコスモイグナーツ、未勝利戦と葉牡丹賞を連勝しているジェネラーレウーノもいます。
ちなみにコスモイグナーツがアイビーSで破ったフラットレーとシャルルマーニュはホープフルSでも期待がなされました。
ジェネラーレウーノは父がスクリーンヒーローですが、スクリーンヒーローの産駒といえば世界的に活躍したモーリス、有馬記念を勝っているゴールドアクターがいて、ジェネラーレウーノもそれらに続く活躍を見せたいところです。

そして京成杯の上位人気となるであろう馬にはコズミックフォースもおり、この馬は前走未勝利戦にてルメール騎手が騎乗しトーセンクリーガー相手に勝利しています。

基本的にこのレースは上位人気に推されている馬の成績が良い傾向にあり、穴党の人たちにとって理想的なレースではありませんが、年によっては荒れることもあるので見極めが重要でしょう。
クラシック戦線をにぎわせる馬が出てくると面白いです。