3月に開催される高松宮記念を睨んだ馬たちが出走することの多いオーシャンS。中山競馬場の芝1200mを舞台に行われ、ナックビーナスをはじめとした馬が出走を予定しています。実はナックビーナスは現時点で重賞の勝利経験がありませんが、惜しい着順になることが多く、おそらく今年のオーシャンSでも人気になるでしょう。

そして他には昨年の桜花賞を制しているレーヌミノルが話題になっていて、もしかすると1番人気になる可能性もあります。3歳秋シーズンにはマイルCSで人気薄ながら1着から0.2秒差の4着に入っていますし、間違いなく実力はあります。新馬戦以外はすべて重賞レースを使われているという特殊な馬で、この記録が引退まで続くような戦績を残して欲しいです。

他にワールド競馬が注目しているのは、昨年の秋から重賞戦線で惜しい競馬を3レース連続でしているビップライブリー、2017年の京阪杯を9番人気ながら制しているネロも話題性抜群です。スプリント路線はレッドファルクスという王者がいる状況ですが、レッドファルクスも不安がないと言い切れません。ですからオーシャンSを制して打倒王者に名乗りをあげたいところです。

スプリント戦なのであっという間にレースが終わってしまいますが、非常に激しい争いが見られると思うのでぜひチェックしてください。