一昨年はその後のGI馬が勝利したきさらぎ賞。ワールド競馬が大いに関心を寄せていたレース。
今年もサトノダイヤモンドのような有力視されている馬が出走を予定しています。

中でも最も注目されているのが皐月賞馬アルアインの弟で、デビュー戦で出遅れながら完勝したダノンマジェスティです。
父は大種牡馬のディープインパクトで母父はEssence of Dubaiという血統。
セレクトセールでの取引価格は2億円を超え、当時から大きな注目を集めていました。

そして2番人気が予想されるのが、デビュー戦を勝ち、その後のデイリー杯2歳Sでジャンダルムの2着に入ったカツジ。
こちらもディープインパクト産駒ということでクラシック戦線での活躍が期待されています。

他には2戦1勝でディープ産駒のグローリーヴェイズやオルフェーヴル産駒で前走未勝利戦を勝ち上がったエポカドーロも注目されています。
1戦1勝のサトノフェイバー、ニホンピロタイド、レッドレオンも未知の魅力を感じさせる馬です。
まだまだ若い馬たちなので紛れもあるかもしれませんので、直前の状態などもチェックしておきましょう。

きさらぎ賞はその後活躍する馬が出走していることも多いため、是非ともここを勝利しクラシック戦線に良い状態で臨みたいです。