9月3日に小倉競馬場で開催される小倉2歳Sには多くの馬が登録しています。
出走予定馬の中で特に注目されているのがアサクサゲンキではないでしょうか。
アサクサゲンキは勝ち上がるまでに3戦を要しましたが、前走の未勝利戦で0.7秒を付けて圧勝しています。
小倉2歳Sは同じ舞台の芝1200メートルなので期待されています。

そしてアイアンクローは新馬戦を勝った後、フェニックスSで3着に入っています。
父はアドマイヤムーン、母父はグラスワンダーという血統で、浜中騎手で挑みます。
デビュー戦を勝って1戦負けなしで、着差はそれほどありませんでしたが、強い勝ち方をしています。

同時期に行われる新潟2歳Sや札幌2歳Sと比べるとレベルが低いことが多いですが、昨年制しているレーヌミノルはその後桜花賞を勝っています。
またスプリンターズSを勝っているアストンマーチャンを生み出しているレースなので、ある意味では出世レースですね。

まだまだ他にも出走予定馬はたくさんいますし、幼い馬たちですから紛れる要素も高く、誰が勝ってもおかしくはありません。
例えばバーニングペスカ、スーサンドン、ヴァイザー、フローラルシトラスなども有力視されています。ワールド競馬では今後の活躍を見守って行きます。