アメリカのクラシック三冠レースの最終戦として知られる、ベルモントステークス。
過去には数多くの有名な馬が勝利しており、昨年は日本のラニが出走を果たして武豊騎手を背に3着と健闘しました。
これまでに日本調教馬がベルモントステークスに出走したのはラニのみですが、ラニが新しい道を作ってくれたことにより、今年はエピカリスが出走します。

ワールド競馬が見守る中、エピカリスは2017年のUAEダービーでサンダースノーの短アタマ差の2着に入って、世界中を沸かせました。

UAEダービー以降走っておらず、ぶっつけ本番となりますし、また日本からの長距離遠征を行う必要もあるので楽ではありませんが、勝つチャンスもあるはずです。

このレースは比較的前に行った馬が有利ですから、UAEダービーで逃げたエピカリスには向いていると思います。

すでにアメリカのクラシックレースは2つ終了しており、ベルモントステークスでエピカリスのライバルになる馬も相当強いはずです。
2017年のこのレースは日本でも馬券購入ができますので、いつもとは違う楽しみ方が日本の競馬ファンもできそうです。
日本調教馬が優勝を果たすと100万ドルというボーナスが支給されるので、その点にも要注目です。