さてさてレパードステークスと小倉記念ですがいかがだったでしょうか?

まずはレパードステークス

1着インカンテーション、2着サトノプリンシパル、3着ケイアイレオーネ、4着ジェベルムーサという結果でした。

このレースは前回お伝えしましたサマージョッキーズシリーズのレースですが、そこに参戦してましたシリーズ1・2・3位の上位陣、戸崎圭太騎手、内田博幸騎手、岩田康誠騎手は7着、6着、9着と上位に絡むことができず、それぞれ獲得ポイントは1という結果でした。

インカンテーションは最後の直線素晴らしいまくりで差し切りましたね!

サトノプリンシパルの逃げ切りならずといった感じでしたが、インカンテーションの直線の伸びが光ったレースでした。

今後も期待して注目していきます。

変わって小倉記念

1着はメイショウナルト、2着ラブリーデイ、3着マイネルラクリマ、4着ダコールという結果。

1着のメイショウナルトに騎乗していたのは武豊騎手!

サマージョッキーズシリーズでは5ポイント差でトップの戸崎騎手を追う4位でしたが、今回の勝利で獲得ポイント10を獲得し逆転、単独トップです!

抜き抜かれつのデットヒートになっており、各レース同様大興奮の展開になっております!

そして今週もあります、サマージョッキーズシリーズのレース。

新潟競馬で関屋記念 GⅢ です!

このレースには昨年覇者のドナウブルー、中京記念覇者のフラガラッハ、パラダイスステークスの覇者レッドスパーダ、昨年アーリントンの覇者ジャスタウェイ等強者ばかりが出走予定に名を連ねておりますが、レースと共にこのサマージョッキーズシリーズの行方もワールドな競馬視点で大注目してみています!

 

 

Share Your Thought