まず、中央競馬と地方競馬に分かれており、中央競馬は1日12レースあります。
簡単なルールとしては各レースの1着・2着を当てる、あるいは1着だけ当てる、3着までに入る馬を1頭選び、それを当てる、等、競馬場では9種類の馬券が買えます。
全て、1口100円です。初めてですと、勝ち馬1頭を当てる単勝馬券。1・2着の2頭を当てる馬連と言う馬券をお勧めします。

馬券購入の際には、購入窓口がたくさんありますが、どこでも大丈夫です。全て、機械で行いますので、簡単です。マークシートなる、購入用の投票用紙に記入して、機械にお金とそのマークシートを入れると、勝ち馬投票券、いわゆる馬券が出てきます。

記入の仕方は、JRAの案内の人が必ずいますから、安心して大丈夫です。記入したものが当たれば、その払戻金と言うお金が返ってきます。
人気があってみんなが買ってると、払い戻しは安く、人気がなくて買ってる人が少ないと大きなお金が戻って来ます。
払い戻しも専用の機械に馬券を入れれば自動的に出てきます。

競馬新聞やスポーツ紙は、初心者なら必需品です。
その新聞をみて、気に入った名前や、各、予想家のしるしをみて選ぶことをお勧めます。
このように競馬はギャンブルのイメージが強くありますが、競馬場にはギャンブル以外たくさん面白いものがあります。
グルメや、馬を間近で見れるパドックと言う下見所も楽しさの一つです。

注意事項として、全部のレースを買うことはありませんから、やってみたい馬がいるとか、パドックで見た綺麗な馬が走るとかそんな感じで、少しのレースでゆっくり、自分のペースで競馬の世界を味わっていけるといいと思います。